<埼玉>公開シンポジウム「3つの現場から語るLGBTユース支援」

こちらの講座につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、ライブ配信の形式を取らせていただくことになりました。

 

ライブ配信はこちらよりご覧いただけます。

団体代表のFacebookページ

(友達申請なしでも見られます)。

 

 

生放送配信後はこちらに動画がアップされる予定です。

 にじーずYouTubeチャンネル

 

==========

 

公開シンポジウム「3つの現場から語るLGBTユース支援」

 

ひきこもりや不登校、高校中退など、困難を抱えた若者たちの中には少なからずLGBT(かもしれない人)がいます。スタッフの理解や、他の参加者との兼ね合いなど、現場からはどのように関わればいいかとの声を耳にします。

 

いっぽうLGBTユースの居場所作りをしている団体でも、複雑で多様な当事者のニーズを、ひとつの場で抱え込むより、もっといろんな支援団体と繋がれたらいいね、との声があがっています。

 

この企画では、ひきこもりUX会議代表の恩田夏絵さん、さいたまユースサポートネットスタッフの中島優希さん、そして、LGBTユースの居場所にじーず代表の遠藤まめたの3名が、LGBTも含めた包括的なユースの居場所づくりについて語り合います。

 

それぞれの現場で見えている課題を共有しながら、お互いのグッドプラクティスを紹介したり、今後の連携の可能性を探っていく予定です。LGBT支援や若者支援に携わる方、また、これらテーマに関心のある方は、どなたでも歓迎です。ぜひご参加ください。

 

日時:  2020年2月29日(土)14:00〜16:00 

オンライン開催に切り替えました。

 

主催: LGBTユースの居場所「にじーず」

問い合わせ先:24zzzmail@gmail.com

広報協力: アムネスティ・インターナショナル日本

*この講座は「パルシステム埼玉市民活動支援金」の助成を受けて開催しています。