【岡山】9月公開イベントのお知らせ

にじーずはLGBTの子ども・若者(10代〜23歳まで)の居場所づくりを行う団体です。2021年8月より岡山でもユースの居場所事業がはじまるのにあわせ、9月に公開イベントを開催することとなりました。

 

岡山県内の学校関係者はもちろんのこと、LGBTの子ども・若者支援にご関心のある方はご参加いただけますので、この機会にぜひどうぞ!

 

 

以下詳細です。


講演会「子どもたちの多様性を尊重する環境づくり〜LGBT(かもしれない)の子どもたちをとりまく現状と課題〜」

近年LGBT当事者の存在はさまざまなメディアを通して可視化され、その認知も高まりました。LGBT当事者はクラスに一人はいると考えられます。「教室にはさまざまな性を生きる子どもたちがいる」わたしたちはその事実に向き合うことができているでしょうか。このたび渡辺大輔先生から「子どもの性の多様性を尊重する教室・学校づくり」をテーマにお話いただきます。子どもたちと共に多様性を互いに尊重する社会を作っていくために、学校・地域・私たちになにができるのか。校種や学区、所属などは問いません。子どもたちの教育や支援に関わる人、一緒に勉強し考えてみませんか。

講師:渡辺大輔先生(埼玉大学基盤教育研究センター准教授)

 

一般社団法人“人間と性”教育研究協議会幹事で、専門はジェンダー/セクシュアリティ教育。執筆や講義、講演、中高での授業づくりなどを通じて、教育現場における子どもの性の多様性を取り巻く課題に取り組む。

日時:2021年9月18日(土)13時〜15時

対象:岡山県内の学校関係者、LGBTの子ども・若者支援にご関心のある方

会場:ZOOM(先着100名)

プログラム:講師による講演のほか、グループワークや質疑応答あり

申し込み:こちらのフォームより9月15日(水)までに事前にお申し込みください。

後援:岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、倉敷市教育委員会

この企画は「こくみん共済 coop 地域貢献助成」の助成にて実施します。

↓にじーずはみなさまからの寄付で運営しています。ご支援よろしくお願いします↓